車椅子バスケ


 

※今回の記事は不謹慎かもしれない描写が含まれています。
申し訳ありませんが、耐性のない方はいますぐ左上の戻るボタンをクリックしてブラウザバックしてください。

 

 

 

 

 

障害者スポーツ。
それは、身体障害や知的障害などの障害がある人が行うスポーツである。
「不可能を可能に」をテーマとした先日のソチパラリンピックにおいても、アルペン座位の滑降、スーパー大回転で金メダルを獲得した狩野選手を始め、多くの日本人選手が活躍した。
夏季パラリンピックにおいても、義足による陸上競技や、視覚障害者による柔道など、人間の可能性に挑んだ選手たちの活躍に感動させられる。
しかし、ここでふと思いたった。

 

「なぜ、障害者スポーツは障害者しかやる人がいないのか?」

 

確かに、障害者スポーツはその名の通り障害者のために考案・制度化されたスポーツである以上、障害者が対象であることには異論がない。
だが、スポーツ科学が発展した今日の障害者スポーツにおいては、もはや既存のスポーツの修正版という枠組みから外れ、別個独立のスポーツとして成立しているといえよう。

 

そこで、実際にやってみた。

1

純粋なレクリエーションとしての車椅子バスケットボールである。
否。バスケゴールに向かってシュートを打ってみたら全然届く気配がなかったため、正確には車椅子ポートボールである。
(しかし車椅子ポートボールという言葉は語呂が悪いので、ここでは便宜上車椅子バスケとさせていただく)

 
この車椅子バスケ、やってみるとわかるがとにかく楽しい。
車椅子初心者同士の対戦だと、お互い自由に車椅子をコントロールできないので、頭脳プレイとチームプレイが主体となる。そこで、脳筋野郎がしゃしゃり出ることなく、男女ともに工夫次第で活躍の場を得ることができた。

 
ドリブルもろくにつけない以上、パス→一生懸命漕ぐ→パスという一連の流れが基本である。しかし「一生懸命漕ぐ」部分でどうにも速さが出せず、はたから見れば至極まったりした試合展開であった。

 
バスケットボールを含む球技全般において、パスは受け手が走りながらキャッチできるよう受け手の進行方向の少し前に出すのが基本であり、これは車椅子バスケにもあてはまる。
しかし、車椅子素人共がパスを受ける場合、漕ぎながらパスをもらうなどという器用なマネができるはずもなく、進行方向少し前に出されたパスはむなしく地面に落ちてバウンドする音が鳴り響くだけであった。

 

 
このような無理難題ともいえるパスは、「健常者パス」(略して健パス)と呼ばれ、健パスを繰り出す者は「空気が読めない」「他人の気持ちを考えられない」「自己中心的」というレッテルが貼られ、最大の屈辱を受ける羽目になるのであった。
2
健パスを繰り出す副代表。
また、小回りが効かず、ジャンプをすることができないため、ディフェンスといえばせいぜい進行方向の道を塞ぐことくらいであった。すると、速攻を仕掛けられた場合、ディフェンスは自らのゴールがオフェンスに蹂躙されるのを見守ることしかできなかった。

 

3
ディフェンスする副代表(無意味)
このように、車椅子バスケでは、通常のバスケットでは味わうことのできない楽しさと筋肉痛があった。全ての行動が腕であるため、マジで腕が上がらなくなる。

 
そうこうしているうちに日が暮れて、企画終了となった。
「ふー、疲れた」と言いながら普通に立ち上がったら、通行人に「えっ、あいつら立てたの!?」みたいな顔をされて面白かったけれど後ろめたかったです。
それと、帰りのバスで車椅子を傍らに座っていたら、やたらと周りの人が親切にしてくれたのが印象的でした。僕たちは五体満足なんですけどねぇ・・・。

 

 

 

 
背徳感が快感に変わる。そんな企画でした。

 

 

 
ライター:かいくん(立つ鳥糞を垂らす)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>